「鎮守府のある風景」展ー呉市入船山記念館所蔵品の記念公開ー


呉鎮守府の開庁は1889(明治22)年7月に告示され、翌1890(明治23)年4月に開庁式が執り行われました。呉鎮守府は太平洋戦争の約4年間を含む56年間を歩み、1945(昭和20)年11月に閉庁しました。このたび、鎮守府の開庁130周年を記念し、展示機会の少なかった収蔵品約20点を公開します。

期間: 2019年7月24日(水)~2020年7月20日(月祝)
場所: 入船山記念館(歴史民俗資料館)
観覧料: 一般250円・高校生150円・小中学生100円
主催: 呉市入船山記念館

チラシ(PDF)は以下よりダウンロードできます。

「鎮守府のある風景」展―呉市入船山記念館所蔵品の記念公開―チラシ

 

日本遺産「呉鎮守府」開庁130周年

この企画展は『日本遺産「呉鎮守府」開庁130周年記念事業』です。『日本遺産「呉鎮守府」開庁130周年記念事業』に関連した他のイベント等については「呉鎮守府開庁130周年(呉市公式ウェブサイト)」をご参照ください。