外壁塗装工事のお知らせ


旧呉鎮守府司令長官官舎 外観

旧呉鎮守府司令長官官舎(国重要文化財)の洋館部外壁塗装の工事は完了いたしました!

みなさまのご来館を職員一同お待ちしております!〔2017年3月22日・更新〕

旧呉鎮守府司令長官官舎(国重要文化財)の洋館部外壁塗装を行います。

ご理解とご了承のほどお願い申し上げます。

工事期間 = 平成29年1月31日~平成29年3月末日〈予定〉
工事内容 = 旧呉鎮守府司令長官官舎(国重要文化財)洋館部外壁塗装

 

※ 工事期間中も通常通りに開館しております

※ 洋館部には足場を設置しているため外観および室内の窓からの眺めに足場がはいります

旧呉鎮守府司令長官官舎は、平成3年から7年にかけて調査・解体・修復を行い、平成8年にリフレッシュオープンし、平成10年には、国の重要文化財に指定されました。今年度、リフレッシュオープンから20周年を迎え、洋館部の外壁塗装の劣化がみられるため、洋館部の外壁塗装を行います。つきましては、工事期間中は洋館部全体に足場を設置するため、洋館部の外観および室内の窓からの眺めに足場が入ります。ご理解ご了承のほどお願い申し上げます。なお、入船山記念館は通常通りに開館しており、長官官舎の中も見学できます。皆さまのご来館を職員一同心よりお待ちしております。職人による作業風景などを入船山記念館Facebookページでレポートしていきたいと思います。お楽しみに。